5歳児とスマホゲームとの付き合い方どうしてる?

もうすぐ3歳になる娘、お兄ちゃんの方は只今5歳。この2人の家庭での過ごし方で少しの変化があり、わたしと子ども2人との生活リズムがつかめてきました。




◼️兄妹の遊び


ここ最近、わが家5歳の息子はYouTubeから電子ゲームに移行しました。

YouTubeに関しては5歳にして『ヒカキン』『セイキン』のマインクラフトゲームを見たり、子どもから「○○マインクラフトで検索して!」と私の知らない人物名を言ってくるほどハマっていました。

5歳半ばですがユーチューブをジー――っと見ることよりも、操作する遊びがしたくなっているのが親の私もわかってからこの度(ようやく)電子ゲームOK‼とすることにしました。

 

 

変わって2歳の妹は何をしているのかというと・・・

私と一緒に家事をします。

わが娘の場合一度見せると止めることが難しくギャーギャー泣きわめき、一度見せると次の日も要求してきます。それが続く限り『スマホ、タブレット類は見せない』ことにしたのです。

家庭での子供遊び方キッチンご飯作り

ほんの少しも、今の娘では悪影響・・・我慢ができないので、我慢できるまではやめておこうのスタイルです。

 

(実際タブレットを見ないスタイルだと、見ないで全然いい様子で私との時間を楽しんでいる感じですよ(^^)

 

■子どものタブレット遊びは30分


毎日の家事育児ですが、子ども中心ではなく 自分中心で動くのもいいのか!! と気付いたこの頃。

それは『帰宅時間』『子どもの遊び方』です。

『帰宅時間』

仕事をしているのですが平日は16:30まで仕事、そのまま保育園お迎えが17:00~17:30。そこから近場の公園へ直行し帰宅が18:45のコースでした。

なんの考えもなく成り行きでそのコースが出来上がっていたのですが、息子の電子ゲーム(任天堂スイッチ)やりたい欲が勝っている今、園へお迎えに行ったら公園行かず「帰る~」と言うので

帰宅時間が18:00前になったのです。

 

たった45分

されど45分

 

『子どもの遊び方』

公園に行きたがるのもわかるのですが、早く帰宅して早く晩ごはんを作り食べること 『早く帰宅すること』 が寝かしつけを早くするコツなんだと子育て歴6年目にて分かりました(笑)

 

よく考えたら外遊びは保育園でも、し――――っかりとしてくださっている

わたしのご機嫌のためにも、早く帰ることが◎

今はそうなのです。

 

そして家に帰ってからの電子ゲーム(スマホ、YouTubeなど)の時間も制限をかけます。

わが子の場合30分間、タイマーをかけ時間が来たら『すぐ電源を切らせる』ようにしています。(すぐ切るようにしないとそのままダラダラやってしまっていたので文句を言ってもNO!!NO!!です。)

息子はすごく楽しい30分みたいで、もっとやりたいとはいいますがご飯を食べたりお風呂へはいることがまっているのでそれ以上は時間的に難しいのです(^^

 

(ふざけることもを笑えるかどうかは、私の時間に余裕ざあるかどうかなのです)

家事2歳児遊び方キッチンご飯作り

■親子の関わりを重要にしてみた


ゲームをするあっという間に時間が過ぎていきます。これは実際息子との関わりで感じました。

親子の関わりの時間が確実に減っている……どうなの?

 

平日朝8:30から夕方まで離れ離れ、朝はバタバタで子どもを急かしたり、怒ったり、イライラしたり。帰ってからも寝る時間を気にするわたしは、時間が進むにつれ機嫌が悪くなる。

親子でホッとできるのは帰宅してからのおやつ時間くらいです。(ホント余裕なさすぎ…)

 

今の幼少期、愛情を届け~

子どもとの時間をちゃんと関わってあげたい そんな思いで電子ゲームは30分で切り上げ、帰宅後の時間は一緒に過ごすようにしました。(ずーーーーーっと引っ付いてくる引っ付き虫2匹)

 

そんな感じで最近は過ごしていますよ(^^

ではでは。




 

 

 

🔻🔻今日はこのブログが何位でしょうか?\もっと頑張れー/のエールをお願いします🔻🔻

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
About ayanoco 363 Articles
わが子3歳児に身体も心も振り回されながら『親育て』をしてもらっている母のブログです。毎日深夜にこのブログを書くことが今の一番の楽しみ。チョコレートとコーヒーがお供。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*


CAPTCHA